秩父の色100選 〜地域カラーの選出〜
TOYO CF 0013 TOYO CF 0015 TOYO CF 0021 TOYO CF 0052 TOYO CF 0089 TOYO CF 0090
秩父いわざくら 宇根菊 岩茸染め 花まつり 秩父紅どうだん やぶさんざし
武甲山に咲く天然記念物、秩父いわざくらの花びらの色。 貴船菊のこと。横瀬の宇根地区での昭和天皇の御歌による。 岩茸で染織した絹の色。 吉田町塚越の花まつり、小鹿野町般若札所32番の花まつりに散らす淡いツツジの花びら。 ドウダンツツジの紅い花。 赤く熱したやぶさんざしの果実。
TOYO CF 0094 TOYO CF 0099 TOYO CF 114 TOYO CF 0142 TOYO CF 0175 TOYO CF 0182
四萬部紅葉 ホーリャイ つるし柿 照柿 ちちの木 イロハカエデ
札所一番四萬部寺の秋の見事なもみじの色。 秩父夜祭りの掛け声。囃子方が着る赤襦袢のイメージ。 干し柿として軒下に吊るされた柿。 柿の実が秋の日に照らされて、艶光している様子。 黄色く紅葉したイチョウの葉。 黄葉したかえでの葉。
TOYO CF 0184 TOYO CF 0236 TOYO CF 0386 TOYO CF 0408 TOYO CF 0428 TOYO CF 0458
ぼんぼり提灯 栃本 神水色 花色秩父 龍勢 苧環(尾田蒔)
山車のぼんぼりとちょうちんにろうそくが灯された色。 栃本集落の春。 神に仕える人の袴の色。 江戸時代における代表的な秩父絹のやや薄い藍染めの色。 龍勢が上がった空の青。 おだまき草の花の色。
TOYO CF 0500 TOYO CF 0502 TOYO CF 0536 TOYO CF 0537 TOYO CF 0544 TOYO CF 0546
カタクリ 花笠鉾 小春日和 桜霞 西谷津 丸太塀
秩父地方で良く見られるカタクリの色。 秩父地方の祭りに良く見られる笠鉾に飾る紙の花色。 秋の山の日向の色。 桜の咲く季節のもやがかかった様子。 西秩父方面のこと。穏やかで暖かい日だまりのイメージ。 秩父で良く見られる丸太閂大和塀の色。
TOYO CF 0547 TOYO CF 0548 TOYO CF 0550 TOYO CF 0568 TOYO CF 0577 TOYO CF 0581
胡桃染 磨崖仏 ほんのりすすき 御幣麻 とうかんや くるり
胡桃の果皮で染めた草木染めの色。 小鹿野町岩殿沢、札所30番観音院の磨崖仏が刻まれている岩肌の色。 すすきの穂がほうけた色。 御神馬の御幣の麻。 とうかんやの際に使われる藁棒。 蕎麦などの脱殻に用いる農具。
TOYO CF 0588 TOYO CF 0589 TOYO CF 0593 TOYO CF 0597 TOYO CF 0608 TOYO CF 0609
ささ濁り つとっこ すかり 甘皮 きび餅 秋そば
川の水がわずかに濁った状態。 栃の葉で巻いて蒸したもち米の色。 岩すげで編んだ袋。昔、山仕事をする人が使った民具。 そば殻をとったあとのそばの実の皮。 きびの入ったもちの色。 秋に収穫するそばの葉の色。
TOYO CF 0617 TOYO CF 0623 TOYO CF 0634 TOYO CF 0638 TOYO CF 0644 TOYO CF 0648
たらっぺ そば裏葉 しゃくし菜 秩父塩地 御輿洗い 深山滴
うす毛の生えた柔らかなたらの芽。 若いそば葉のうらの色。 しゃくし菜の茎の透明感のあるグリーン。 ケヤキのような木。落葉広葉樹。 川瀬祭りの川の色のイメージ。 夏の原生林、霞がかかった緑。
TOYO CF 0660 TOYO CF 0661 TOYO CF 0675 TOYO CF 0689 TOYO CF 0693 TOYO CF 0696
根つくし 岩畳 霧藻 秩父納戸 石衣 岩飛沫
山の裾。 長瀞岩畳の岩の色。 遠くから眺めた霧藻ヶ峰。 秩父から見える山並みが遠くに暗く霞んでいるイメージ。 飴を砂糖の衣でくるんだ、昔ながらの和菓子。石に似ている。 渓流の水飛沫。
TOYO CF 0699 TOYO CF 0700 TOYO CF 0702 TOYO CF 0704 TOYO CF 0707 TOYO CF 0710
滝川 両神 武甲山 朝間詰め 節分草 つりがねにんじん
大滝村を流れる夏の滝川。 遠く霞んだ両神の山。 逆光でややシルエットになった霞む武甲山。 朝日が昇る前の、白々してきた頃。 秩父地方各所に群生する山野草の花びらの色。 高山に咲く山野草。
TOYO CF 0722 TOYO CF 0725 TOYO CF 0744 TOYO CF 0751 TOYO CF 0752 TOYO CF 0754
清雲寺 アケビ 萩平堂 白練 白絹色 御石灰
寺の庭に咲く枝垂桜の色。 アケビの皮の色。 秩父市寺尾萩平堂の茅葺屋根の色。 絹糸を練ったときの白い色。 秩父神社に供えられるまゆの色。 武甲山の石灰。
TOYO CF 0760 TOYO CF 0771 TOYO CF 0774 TOYO CF 0784 TOYO CF 0793 TOYO CF 0800
挽きぐるみ 蔵壁 寒霞 石臼 石仏色 そば殻
そば殻をとらずに石うすで挽いたそば粉。 漆喰壁の日陰。 冬の秩父盆地。 そばを挽く石の臼。 秩父と言えば札所。札所と言えば石仏。その石仏の色。 そばの実の表皮。
TOYO CF 0802 TOYO CF 0808 TOYO CF 0814 TOYO CF 0815 TOYO CF 0817 TOYO CF 0818
御旅所 銘仙茜 贄川宿 御神馬 さわぐるみ 野仏
秩父公園御旅所の赤。 秩父銘仙によく使用された茜色。 贄川宿の民家。 秩父夜祭りに神様を乗せる栗毛の馬。 谷や川沿いに生えている胡桃の実のカラの部分の色。 秩父地方に数多く見られる路傍の石仏をイメージ。
TOYO CF 0820 TOYO CF 0826 TOYO CF 0835 TOYO CF 0837 TOYO CF 0842 TOYO CF 0851
ホダ木 ささげ 杉皮 屋台囃子 ようばけ 茅葺屋根
シイタケの栽培に用いるクヌギの木。 お祭りやお祝い事につくるお赤飯の小豆。 杉の木の皮の部分。 秩父夜祭りの屋台囃子の太鼓のイメージ。 夕陽のあたるハケからこの名が付いた、およそ1500万年前の地層の大霞頭の色。 秩父地方で今でも僅かに残る茅葺屋根。
TOYO CF 0875 TOYO CF 0876 TOYO CF 0877 TOYO CF 0882 TOYO CF 0885 TOYO CF 0888
蚕録 桑葉色 茶平 巡礼路 雁坂 餅草
蚕の糞の色。 秩父の随所見られる桑畑の葉の色。 浦山茶平地区の茶畑。 巡礼が通る杉木立の緑。 雁坂周辺の山々が重なった深い谷のイメージ。 よもぎを入れてついた餅の色。よもぎを餅草と呼ぶ。
TOYO CF 0893 TOYO CF 0898 TOYO CF 0923 TOYO CF 0928 TOYO CF 0947 TOYO CF 0960
枳殻 銘仙緑 荒川 お陰さま 秩父紫紺 紫秩父
枳殻の葉の色。 秩父銘仙で好んで使用された青緑。 荒川村を流れる秋の川の色。 秩父連山の山ひだの陰の色。 秩父銘仙によく使われた紫紺。 秩父地方の各地に伝わる歌舞伎や巡礼の衣装には欠かせない紫。
TOYO CF 0986 TOYO CF 0987 TOYO CF 0991 TOYO CF 0993 TOYO CF 1002 TOYO CF 1008
おひまち 二十三夜寺 秩父橋 枯野 戸口色 御霊入れ
地域のよりあいのこと。先飯をイメージした色。 三沢の三夜様と親しまれている医王寺の山門のイメージ。 荒川に架かる旧秩父橋の色。 草花が枯れた秋の野原。 秩父の古い民家の戸口の色。 秩父夜祭りのおり、旅所にむかう神様を乗り物にうつす深夜の行事。
   
TOYO CF 1012 TOYO CF 1018 TOYO CF 1021 TOYO CF 1049    
どんつき 墨衣 高欄 秩父夜祭り    
行き止まりのこと。ここでは秩父の一番奥、大滝の県境の山並みのイメージ。 お坊さんの黒い衣。 秩父の祭り屋台の漆塗りの高欄。 屋台の金細工、緞帳の金糸、花火の光の輝きなど、秩父夜祭りの豪華絢爛なイメージ。    
※ブラウザによって色が違って見える場合があります。
 また、ディスプレイの環境、OSの環境によって見え方が異なります。
 「秩父の色100選」の配列は、東洋インキのカラーファインダー(TOYO94 COLOR FINDER 1050)の配列に準じています。
【このウィンドウを閉じる】